メニュー閉じる

むなかたしこう【棟方志功】

(1903〜1975)昭和期の版画(はんが家。青森(あおもり県に生まれる。はじめ油絵をかいていたが,のち版画(はんがに転じ,1956年,ベネチアのビエンナーレ(てんでは金賞(きんしょう獲得(かくとくして日本の版画(はんが世界的(せかいてきなものにした。仏教(ぶっきょうから題材(だいざいをとったものが多く,日本的(にほんてきな感じをたくましい線でのびのびと表現(ひょうげんしているのが特色(とくしょく。代表作は「釈迦(しゃか十大弟子(でし」など。1970年に文化勲章(くんしょうを受章。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP