メニュー閉じる

**ムハンマド

(570ころ〜632)イスラム教を始めた人。

〔メッカ時代〕

 アラビア半島のオアシス商業都市メッカ(マッカ)に生まれた。隊商(たいしょうにくわわって各地(かくちを歩き,ユダヤ教やキリスト教も知った。40(さいのころ突然(とつぜん天からのアッラー(アラー)の言葉(啓示(けいじ)を聞き,人々に(いて,唯一(ゆいいつの神アッラーに服従(ふくじゅうして(ぜんを行い,最後(さいご審判(しんぱんにそなえさせることを,自分の使命と(しんじた。

〔メディナ時代〕

 ムハンマドと信者(しんじゃたちは,多神教にしたがうメッカの有力者から迫害(はくがいされたため,622年メディナにうつり(これをヘジラという),ここで,かれを中心に教団(きょうだん国家をたてた。630年,大軍(たいぐんをひきいてメッカを占領(せんりょう,カーバ神殿(しんでんの多神教の偶像(ぐうぞう破壊(はかいした。さらにアラビア半島の各地(かくち軍隊(ぐんたい布教(ふきょう者を送り,死ぬまでに半島のほぼ全部に「イスラム」(神への絶対服従(ぜったいふくじゅう)の教えを広めた。→イスラム(きょう

コーチ

 かれが神から受けた言葉は,のち『コーラン』にまとめられて,イスラム教の教義(きょうぎの根本になった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP