メニュー閉じる

むらおこし【村おこし】

1984(昭和59)年度から,当時の通産省(つうさんしょうが始めた,地方の市町村の活性(かっせい化をはかる事業。1955年ごろから,日本の工業の発展(はってんとともに農村から都市へ(わかい人々が流出し,過疎(かそ化する農村がふえた。地域(ちいき振興(しんこうをはかるさまざまな事業が各地(かくちで行われている。

コーチ

 町や村の特産(とくさん物を売り出す「一村一品運動」は有名。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP