メニュー閉じる

むらかみはるき【村上春樹】

(1949〜 )現代(げんだい小説家(しょうせつか京都府(きょうとふ(まれ,兵庫県(ひょうごけん(そだつ。早稲田大学(わせだだいがく卒業後(そつぎょうご,ジャズ喫茶(きっさ経営(けいえいしていたが,1979(昭和(しょうわ54)年,『(かぜ(うた(け』で新人賞(しんじんしょう受賞(じゅしょうし,作家(さっかとしてデビュー。ぼんやりとした喪失感(そうしつかん他人(たにんとの距離感(きょりかんを,軽妙(けいみょうでぬくもりのある文体(ぶんたい表現(ひょうげんする作風(さくふうは1980〜90年代(ねんだい若者(わかもの読者層(どくしゃそう(おおきく支持(しじされ,社会風俗(しゃかいふうぞく言語感覚(げんごかんかくにも影響(えいきょうをあたえた。代表作(だいひょうさくは,ベストセラーになった『ノルウェイの(もり』『1Q84(いちきゅうはちよん』のほか,『(ひつじをめぐる冒険(ぼうけん』『世界(せかい(おわりとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき(どりクロニクル』などがある。また現代(げんだいアメリカ文学(ぶんがく翻訳(ほんやくでも(られている。◇村上(むらかみ作品(さくひん世界各国(せかいかっこく翻訳(ほんやくされて評価(ひょうか(たかく,2006年のフランツ・カフカ(しょう,2009年のエルサレム(しょうなど,数多(かずおおくの受賞歴(じゅしょうれきがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP