メニュー閉じる

ムラサキウニ

日本で(もっともふつうに見られるウニ。(かく黒紫(こくし色で,同色の(きょくをもつ。浅海(せんかい岩礁(がんしょう多産(たさんし,卵巣(らんそうは「雲丹(うに」の原料(げんりょうとして(もっとも多く用いられ,また発生・生理の研究材料(ざいりょうとして重要(じゅうようである。殻径(かくけい:5cm,高さ:2.5cm前後。分布(ぶんぷ:本州中部から九州南端(なんたん。本州北部から北海道にはキタムラサキウニが分布(ぶんぷする。(棘皮(きょくひ動物 ウニ(るい ホンウニ目 ナガウニ科)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP