メニュー閉じる

*ムラサキツユクサ

観賞(かんしょう用として庭に植えられる多年草。細胞(さいぼう学の実験材料(じっけんざいりょうとして,学校庭園などにも植えられる。葉は細長く,もとはさやになって(くきをつつむ。春から夏,(くきの先に青紫色(せいししょくの花が多数集まってさき,朝開いて午後にはしおれる。こうして花は1日でしぼむが,つぎつぎに新しいものが開く。高さ:50〜80cm。原産(げんさん地:北アメリカ。(被子植物(ひししょくぶつ ツユクサ(もく ツユクサ(

コーチ

 おしべの毛は細胞分裂(さいぼうぶんれつ原形質(げんけいしつ流動・原形質分離(げんけいしつぶんりなどの,葉は気孔(きこう観察(かんさつ(てきしている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP