メニュー閉じる

*むらやくにん【村役人】

江戸(えど時代,村政(そんせいをあずかった農民(のうみん名主(なぬし関西(かんさいでは庄屋(しょうや)・組頭(くみがしら百姓代(ひゃくしょうだいからなり,これを総称(そうしょうして村方(むらかた地方(じかた)三役という。

コーチ

 名主(なぬし村政全般(そんせいぜんぱん責任(せきにん者で,組頭(くみがしらはその補佐(ほさ役,百姓代(ひゃくしょうだい村民(そんみんの代表という性格(せいかくをもっていた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP