メニュー閉じる

ムンク(エドワルド=)

(1863〜1944)ノルウェーの画家。強烈(きょうれつ色彩(しきさい大胆(だいたんな形によって人間の内面の不安(ふあん孤独(こどく表現(ひょうげんして,ドイツ表現主義(ひょうげんしゅぎ絵画に大きな影響(えいきょうをあたえた。代表作に「(さけび」がある。◇オスロにムンク美術(びじゅつ館がある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP