**めいじてんのう【明治天皇】

(1852〜1912)明治(めいじ時代の天皇(てんのう在位(ざいい1867〜1912)。孝明天皇(こうめいてんのう皇子(おうじで,名は睦仁(むつひと倒幕派(とうばくは諸勢力(しょせいりょくにおされて王政復古(おうせいふっこ実現(じつげん後,1868年,五箇条(ごかじょう御誓文(ごせいもんで新しい政治方針(せいじほうしん(しめし,明治(めいじ改元(かいげん翌年(よくねん江戸(えどから東京(とうきょうと名をかえた新都にうつり,江戸城(えどじょう皇居(こうきょとした。在位(ざいい45年におよび,その間,大日本帝国憲法(ていこくけんぽう発布(はっぷ,国会開設(かいせつなどを行い,天皇(てんのう頂点(ちょうてんとする近代国家が形づくられた。また,天皇(てんのう陸海軍(りくかいぐん最高指導(さいこうしどう者として日清戦争(にっしんせんそう日露戦争(にちろせんそう勝利(しょうりし,日本の国際的地位(こくさいてきちいを高め,大帝(たいていとして国民(こくみん尊敬(そんけいを集めた。◇明治(めいじ神宮にまつられている。

PAGETOP