めいすうほう【命数法】

数の名まえ,すなわち数詞(すうしのつけかたをいう。命数法(めいすうほうは国によってちがうが,ほとんどすべての国で10進法(じっしんほうにもとづく命数法(めいすうほうが用いられている。◇日本では,十・百・千・万などで,中国のものをとりいれた形になっている。

PAGETOP