めいそうたいふう【迷走台風】

異常(いじょう経路(けいろをとる台風。台風を流す上空の風(一般(いっぱん流)が弱くてみだれている場合,台風が蛇行(だこうする場合,台風が多発してたがいに干渉(かんしょうしあう場合(藤原(ふじわら効果(こうか)などにあらわれる。せまい意味では,北東に進んで日本に近づくが途中(とちゅうで北西に向きをかえ,その後ふたたび北東に向きをかえる特定(とくてい(かたのものをいうこともある。

PAGETOP