めいはんのう【明反応】

以前(いぜん光合成(こうごうせい反応(はんのうには,光を必要(ひつようとするが二酸化炭素(にさんかたんそがいらない明反応(めいはんのうが起こり,次に光を必要(ひつようとしないが二酸化炭素(にさんかたんそ必要(ひつようとする暗反応(あんはんのうが起こると考えられていた。葉緑体のクロロフィルがかかわる反応(はんのう複雑(ふくざつ反応(はんのうで,明反応(めいはんのうとよばれた光だけで進行する反応(はんのうはそのうちの一部であることがわかった。光合成(こうごうせいの第1段階(だんかいは,クロロフィルが光エネルギーを吸収(きゅうしゅうして水を原料(げんりょうとして,水素(すいそ化合物とATPと酸素(さんそをつくりだす反応(はんのうが行われる。明反応(めいはんのうという用語は以前(いぜんのような用いられ方はされなくなった。

PAGETOP