めいめいけん【命名権】

ネーミングライツとも(やくされ,スポーツ施設(しせつ文化施設(ぶんかしせつなどに名前をつける権利(けんり企業(きぎょう自社名(じしゃめい商品名(しょうひんめい宣伝(せんでんのために一定期間(きかん施設名(しせつめい権利(けんりを買いとることで,施設側(しせつがわにとっては建設費(けんせつひ運営維持費(うんえいいじひをおぎなうメリットがある。1980年代,アメリカで急速(きゅうそく命名権(めいめいけん売買はさかんになり,日本では2003(平成(へいせい15)年,東京スタジアムが(あじ(もとスタジアムと命名(めいめいされたのが最初(さいしょのケース。現在(げんざいでは野球場(やきゅうじょうの多くが企業名(きぎょうめい(かんするようになり,地方自治体(ちほうじちたい命名権(めいめいけん売却(ばいきゃくする例もでてきている。

PAGETOP