メニュー閉じる

**めしべ【雌しべ】

種子(しゅし植物の生殖器官(せいしょくきかん。花の中心にあって,(もっと重要(じゅうようなものである。(ずいともいう。柱頭・花柱・子房(しぼうからなる棒状(ぼうじょうのもので,ふつうは1つの花に1本ある。柱頭はいくつかに分かれているものもあり,花粉(かふんがつきやすくなっている。子房(しぼうは太く大きくなっていて,中に部屋があり,胚珠(はいしゅが入っている。この胚珠(はいしゅがあとで種子(しゅしになり,子房(しぼうなどがこれをかこんで果実(かじつになる。

コーチ

 モクレンやキンポウゲのように,1つの花に多数のめしべをもつものもある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP