メニュー閉じる

*メソポタミアぶんめい【メソポタミア文明】

メソポタミアにおこった世界最古(さいこの文明。四大文明の1つ。この地では紀元(きげん前9000年ころから農耕(のうこうが始まっていたが,前3000年ころまでに,青銅器(せいどうきや文字を使用するウルなどのシュメール人の国家が成立(せいりつ,高度の都市文明が誕生(たんじょうした。前2350年ころ,アッカド王サルゴンがメソポタミアを統一(とういつして中央集権(しゅうけん国家をつくり,前1900年ころにはバビロニア王国がこの地を統一(とういつした。くさび形文字のほか,太陰暦(たいいんれき七曜制(しちようせい・60進(ほうも生み,エジプト文明,インダス文明の誕生(たんじょうにも影響(えいきょうをあたえた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP