メニュー閉じる

めどめざい【目止め剤】

木材(もくざい塗装(とそうのとき,木の目(細かい(あな)につめこむ,パテのような材料(ざいりょうのこと。目止め剤には,多く胡粉(ごふん(貝を(いた(こな),砥粉(とのこ変成岩質(へんせいがんしつ粘土(ねんど)などが用いられる。これらを,接着剤(せっちゃくざい酢酸(さくさんビニル)と水で練ってつくるものと,乾燥性(かんそうせいの植物油(亜麻仁(あまに油)などで練るもの(油性(ゆせい)とがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP