*メルカトルずほう【メルカトル図法】

1569年にオランダの地理学者メルカトルが考案(こうあんした図法(ずほう。正角図法(ずほうの1つ。経線(けいせんは等間隔(かんかくの平行線,緯線(いせん経線(けいせんと直角に交わる。緯線(いせん間隔(かんかくは,(きょくに近づくほど開いている。

コーチ

 両極(りょうきょくをのぞく世界全図がえがけるうえ,2点間の等角航路(こうろが直線でもとめられるので,海図に用いられている。

PAGETOP