*メンデル(ヨハン=)

(1822〜1884)オーストリアの遺伝(いでん学者。修道院(しゅうどういん生活のかたわら,エンドウを材料(ざいりょう遺伝(いでんの研究を行い,「メンデルの法則(ほうそく」を発見。これを1866年論文(ろんぶん『植物の雑種(ざっしゅ(かんする実験(じっけん』として発表したが,当時は注目されず,1900年にド=フリースらによって再発見(さいはっけんされて注目をあびた。

PAGETOP