メニュー閉じる

もうこしゅうらいえことば【蒙古襲来絵詞】

鎌倉(かまくら時代中期の絵巻物(えまきもの。2(かんよりなる。「竹崎季長絵詞(たけざきすえながえことば」ともいわれ,文永(ぶんえい弘安(こうあん(えき従軍(じゅうぐんした肥後(ひご国(熊本(くまもと県)の武将竹崎季長(ぶしょうたけざきすえなが奮戦(ふんせんのようすがえがかれている。蒙古(もうこ(モンゴル)人の風俗(ふうぞく戦闘状況(せんとうじょうきょうを知るうえで貴重(きちょう史料(しりょう

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP