メニュー閉じる

モウセンゴケ

山野の湿地(しっちに生える多年生の食虫植物。地上(けいがなく,長い葉柄(ようへいのある円形の葉が地面に広がる。葉の腺毛(せんもう粘液(ねんえきで虫をとらえて消化する。高さ10〜25cmの花茎(かけいを直立し,白色花が一方にかたよってさく。花期:6〜8月。分布(ぶんぷ:北海道・本州・四国・九州,北半球の温帯(おんたい暖帯(だんたい。(被子植物(ひししょくぶつ ナデシコ(もく モウセンゴケ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP