メニュー閉じる

*もくせい【木星】

太陽(けいのうちで(もっとも大きい惑星(わくせい。太陽に近いほうから5番目の惑星(わくせいで,火星の外(がわを公転している。太陽からの平均距離(へいきんきょりは7(おく7830万km,公転周期(しゅうきは11.862年である。質量(しつりょうは地球の317.8倍,半径(はんけいは7万1492kmで地球の11.2倍である。自転周期(しゅうきは,9時間56分。表面は(あつい大気(そうにおおわれており,赤道に平行な帯状(おびじょう模様(もようがあって,その(はばや数が年々変化(へんかする。これは大気にうかぶ雲の表面が見えているためである。大気は,大量(たいりょう水素(すいそ・ヘリウム・メタン・アンモニアなどからなっている。表面の特異(とくい模様(もようとしては,南半球に大赤はんがあり,1665年にカッシーニにより発見された。大赤はんは,下層(かそうからの上昇(じょうしょう気流によって生じる巨大(きょだい渦巻(うずまきと考えられている。木星にはこれまでに67(衛星(えいせいが見つかっている(2016年7月末現在(げんざい)。◇1979年にアメリカ合衆国(がっしゅうこくボイジャー1号,2号が木星に接近(せっきんし,表面の微細構造(びさいこうぞう衛星(えいせい撮影(さつえいを行った。その結果(けっか,多数の衛星(えいせいが発見され,第1衛星(えいせいイオには火山活動があることなどがわかった。さらに木星にもあわく細い((リング)が発見された。

コーチ

 1994年7月,20個以上(こいじょう分裂(ぶんれつしたシューメーカー=レビー第9すい星がつぎつぎに木星に衝突(しょうとつし,巨大(きょだいなきのこ雲など,さまざまな現象(げんしょうをひきおこした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP