メニュー閉じる

もくちょう【木彫】

木材(もくざい仏像(ぶつぞう・人物・動物などの彫像(ちょうぞう,あるいは文様を彫刻(ちょうこくする技術(ぎじゅつ。わが国ではすでに飛鳥(あすか時代には始められ,塑像(そぞう金銅像(こんどうぞう乾漆像(かんしつぞうなどもつくられたが,平安時代以後(いご仏像(ぶつぞうの主流は木彫(もくちょうとなった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP