メニュー閉じる

モジリアニ(アメデオ=)

(1884〜1920)イタリア生まれの画家。パリに移住(いじゅうし,無名(むめいのまま貧困(ひんこんのうちに短い生涯(しょうがいを終わった。エコール=ド=パリ(「パリ(」の意味)とよばれるグループの1人。はじめ彫刻(ちょうこく,のち絵画に転じ,顔や首の細長い独特(どくとくの人物(ぞうを多くえがいて独創的(どくそうてきな画風をつくりあげたが,作品がみとめられるようになったのは死後であった。代表作は「(こしかける裸婦(らふ」「横たわる裸婦(らふ」など。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP