メニュー閉じる

もちひとおう【以仁王】

(1151〜1180)平安時代末期(まっき平氏(へいし追討(ついとう命令(めいれいを出した皇子(おうじ後白河天皇(ごしらかわてんのうの第2皇子(おうじ。1180年,源頼政(みなもとのよりまさのすすめにしたがって平氏追討(へいしついとう令旨(りょうじ命令(めいれい文書)を諸国(しょこく源氏(げんじに下し,挙兵(きょへいをうながしたが事前に発覚(はっかく。王を支持(しじする奈良(なら興福寺(こうふくじに向かう途中(とちゅう宇治(うじ京都府(きょうとふ)の平等院(びょうどういん平知盛(たいらのとももり重衡(しげひららの追撃(ついげきを受けて戦死(せんしした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP