メニュー閉じる

もっかん【木簡】

古代,紙の代わりに,細長く平らにけずった木片(もくへんに文字を記したもの。役所の連絡(れんらく文書や品物の付札(つけふだなどが多い。中国では紀元(きげん前2〜紀元(きげん5世紀(せいきに用いられ,日本でも藤原京(ふじわらきょう平城京(へいじょうきょうをはじめとする多くの遺跡(いせきから多数出土。文献(ぶんけんの少ない古代(の研究上,貴重(きちょう史料(しりょうとされる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP