メニュー閉じる

モモンガ

前足と後ろ足の間に飛膜(ひまくがあり,滑空(かっくうする動物。ムササビに(るがはるかに小型(こがたで,目が大きい。山地の森林にすむ。8月ごろ木のほらにサルオガセなどを集めて(をつくり,夜間活動して,木の葉・(種子(しゅしを食べる。8月ごろに4〜5ひきの子をうむ。体長(たいちょう:17cm内外。尾長(びちょう(やく11cm。分布(ぶんぷ:本州・四国・九州(北海道にはよく(たタイリクモモンガの亜種(あしゅエゾモモンガが生息する)。(哺乳類(ほにゅうるい ネズミ目 リス科)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP