メニュー閉じる

モーリタニア(モーリタニア・イスラム共和国)

西アフリカ,大西洋に面する国。政体(せいたい共和政(きょうわせいで,元首は大統領(だいとうりょう。首都ヌアクショット。国土の大部分がサハラ砂漠(さばくで,南部のセネガル川流域以外(りゅういきいがいはほとんど雨がふらない。主産業(さんぎょう農牧業(のうぼくぎょうで,アワ・トウモロコシ・ジャガイモ・米を生産(せいさん。羊・ヤギ・牛・ラクダの牧畜(ぼくちくもさかん。鉄鉱石(てっこうせき銅鉱(どうこう産出(さんしゅつ。古くからアフリカ系農民(けいのうみんが住み,砂漠(さばく化の進行とベルベル人の南下で南部へ移動(いどう。16世紀(せいきからアラブ人が支配(しはい。20世紀(せいき初めにフランスの植民(しょくみん地となり,1960年独立(どくりつ面積(めんせき:102.6万km2,人口:346万。

〔国名の由来〕

 国民(こくみんの大半をしめる「モール(ムーア)人」の国の意。

国旗(こっきの由来〕

 緑は預言(よげん者ムハンマドの色であり,また国の砂漠(さばく(よくな農地にしたい,という希望(きぼう(しめす。三日月と星はイスラム諸国旗(しょこっき共通(きょうつうだが,黄色はめずらしい。

コーチ

 住民(じゅうみん(やく80%はアラブ(けいとベルベル(けい混血(こんけつのムーア人,(やく20%はアフリカ系住民(けいじゅうみんである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP