メニュー閉じる

*もんぜんまち【門前町】

室町(むろまち時代ごろから寺社の門前に発達(はったつした町。宗教(しゅうきょう庶民(しょみんの間に広まって参拝(さんぱい人が増加(ぞうかするにつれて,有名な寺や神社の門前に店や宿屋が立ちならび,しだいに門前町(もんぜんまちがつくられた。伊勢(いせ神宮の宇治山田(うじやまだ伊勢(いせ市),東大寺(とうだいじ興福寺(こうふくじなどの奈良(なら善光寺(ぜんこうじ長野(ながのなどが有名。

コーチ

 せまい意味では,寺の門前に発達(はったつしたものを門前町といい,神社の前に発達(はったつしたものを鳥居前(とりいまえ町とよんで区別(くべつする。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP