メニュー閉じる

もんみゃく【門脈】

心臓(しんぞうにもどっていく途中(とちゅうで,ふたたび分枝(ぶんしして毛細血管(けっかん(もうをつくり,また合流するという形の静脈(じょうみゃく肝門脈(かんもんみゃく・じん門脈(もんみゃくなどがこの(れい門静脈(もんじょうみゃくともいう。肝門脈(かんもんみゃく((ちょう・すい(ぞう・ひ(ぞうなどの諸器官(しょきかんから肝臓(かんぞう血液(けつえきを運ぶ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP