メニュー閉じる

もんむてんのう【文武天皇】

(683〜707)飛鳥(あすか時代の天皇(てんのう在位(ざいい697〜707)。父は天武天皇(てんむてんのうの子草壁皇子(くさかべのおうじ聖武天皇(しょうむてんのうの父。祖母(そぼにあたる持統天皇(じとうてんのう(くらいをゆずられ,15(さい即位(そくい藤原不比等(ふじわらのふひとらに大宝律令(たいほうりつりょう編纂(へんさんを命じるなど,律令体制(りつりょうたいせい律令(りつりょうという法令(ほうれいによって運営(うんえいされる国家体制(たいせい)の充実(じゅうじつにつとめた。◇父の草壁皇子(くさかべのおうじと同じく病弱で25(さいで病死した。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP