メニュー閉じる

*やきはたのうぎょう【焼畑農業】

森林あるいは原野に火を入れて草や木を(きはらい,のこった草木(ばい肥料(ひりょうとして作物を栽培(さいばいする原始的(げんしてき農業。数年間作物を栽培(さいばいしたあと,地力が低下(ていかすると移動(いどうする。作物は,キャッサバ・タロイモ・ヤムイモ・陸稲(りくとうなど自給(じきゅう用の作物である。

コーチ

熱帯(ねったい地域(ちいきでは,現在(げんざいでも多くみられ,熱帯(ねったい林の減少(げんしょう破壊(はかい一因(いちいんとなっている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP