メニュー閉じる

やぎゅうじゅうべえ【柳生十兵衛】

(1607〜1650)十兵衛(じゅうべえ通称(つうしょうで本名は三厳(みつよし江戸(えど時代の武士(ぶし剣豪(けんごう(けんの実力は父・宗矩(むねのりをしのぐといわれ,歴史(れきし(もっとも有名な剣豪(けんごうの一人。13(さい徳川家光(とくがわいえみつ小姓(こしょう警護(けいご雑用(ざつよう(つとめる武士(ぶし)となったが,20(さいのとき家光(いえみつ(いかりを買って出仕を止められた。その後,(さい出仕を(ゆるされるまでの12年間,故郷(こきょう剣術(けんじゅつ(はげんだという。家伝(かでんの「柳生新陰流(やぎゅうしんかげりゅう」に(かんする数多くの伝書(でんしょ(あらわした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP