ゆうあいかい【友愛会】

大正時代の全国的(ぜんこくてき労働(ろうどう組合。1912(大正1)年8月,鈴木文治(すずきぶんじら15名で結成(けっせい最初(さいしょは,助けあいや修養(しゅうよう組織(そしきだったが,大企業(きぎょう労働(ろうどう者に会員がふえ,1918(大正7)年には全国の工業都市に120の支部(しぶ,会員も3万人と発展(はってんした。1919(大正8)年,大日本労働総同盟友愛(ろうどうそうどうめいゆうあい会と改称(かいしょう本格的(ほんかくてき労働(ろうどう組合として発足し,普通選挙(ふつうせんきょ運動,第1回メーデーを推進(すいしんした。1921(大正10)年,日本労働総同盟(ろうどうそうどうめい発展(はってん

PAGETOP