メニュー閉じる

ライデンびん【ライデン瓶】

静電誘導(せいでんゆうどう利用(りようして電荷をたくわえる装置(そうち。広口のガラスびんの下半分ぐらいにスズ(はくなどの導体(どうたいを内外からはりつけると,(はく両極(りょうきょくとなって一種(いっしゅのコンデンサーができる。内側(うちがわ(はくには,くさりをたらして接触(せっしょくさせた電極(でんきょくがびんのふたを通して上(がわにつきだしてある。この電極(でんきょくに外部から電荷をあたえると,静電誘導(せいでんゆうどうによって外(がわのスズ(はく帯電(たいでんする。外(がわのスズ(はくをアースしておけば,同種(どうしゅの電荷は大地へにげ,異種(いしゅの電荷がたくわえられることになる。◇1746年にライデン大学のミュッセンブルクが考案(こうあんした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP