メニュー閉じる

ラオス(人民民主共和国)

インドシナ半島北東部の内陸(ないりく国。政体(せいたい共和制(きょうわせいで,元首は大統領(だいとうりょう。首都ビエンチャン。国土のほとんどが山地で,山間に高原が点在(てんざいする。気候(きこう熱帯(ねったいモンスーン(がた。米が主要農産(しゅようのうさん物であるが,水田はメコン川とその支流(しりゅうぞいの低地(ていちにかぎられる。社会主義(しゅぎ国であるが,近年は経済(けいざい開放政策(せいさくをとり,経済活性(けいざいかっせい化に努力(どりょくしている。14世紀(せいきにラオ族がたてたランサン王国が国の起源(きげん。その後タイ・フランスの支配(しはいをへて,1949年部分独立(どくりつ,1953年完全独立(かんぜんどくりつ内戦(ないせん結果(けっか,1975年に王政(おうせい廃止(はいしして人民民主共和国(じんみんみんしゅきょうわこくとなった。面積(めんせき:23.7万km2,人口:620万。

【国名の由来】

ラオ族(ラオは人または人々の意)の名にちなむ。

国旗(こっきの由来】

白は平和と仏教(ぶっきょうを表し,青はメコン川と国土,赤は社会主義革命(しゅぎかくめいとそのための血を表している。また,白い円は月をイメージしている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP