メニュー閉じる

らくいち・らくざ【楽市・楽座】

16世紀(せいき後半,戦国(せんごく大名が((いちなどの同業組合的(くみあいてき特権(とっけんをみとめず,((ぞくさない新規(しんきの商人にも自由に営業(えいぎょうさせた政策(せいさく戦国(せんごく大名が国内の商工業の発展(はってん城下町(じょうかまち繁栄(はんえいをはかるためにうちだしたもので,とくに1577年,織田信長(おだのぶなが安土城(あづちじょう(に出した楽市(らくいち楽座令(らくざれいが有名である。楽市(らくいちとは,寺社や公家(くげにおさめる市場(ぜい営業税(えいぎょうぜい免除(めんじょおよび(商人の特権(とっけん廃止(はいしをいい,楽座(らくざとは(そのものの廃止(はいしをいう。

コーチ

楽市(らくいち楽座(らくざは,関所(せきしょ廃止(はいし撰銭(えりぜに(れい検地(けんちなどとともに,中世(ちゅうせい(てき旧制度(きゅうせいどをうちやぶる政策(せいさくとして実施(じっしされたことに注目。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP