メニュー閉じる

ラクシュミー=バーイー

(1835〜1858)「インドのジャンヌ=ダルク」とたたえられる北インド,ジャーンシー国の王妃(おうひ。国王は世を去り,国はイギリスの支配(しはい下にあったが,1857年5月にインドの大反乱(はんらんがおこるとジャーンシーの兵士(へいしたちも反乱(はんらん参加(さんかし,イギリス勢力(せいりょくを追放,かの女は国の指導(しどう者となった。翌年(よくねん3月イギリス(ぐん反撃(はんげきを開始すると(しろ脱出(だっしゅつして各地(かくち転戦(てんせんし,イギリス(ぐんを苦しめたが,6月はなばなしい(たたかいのすえに戦死(せんしした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP