メニュー閉じる

*りきがくてきエネルギーほぞんのほうそく【力学的エネルギー保存の法則】

ある条件(じょうけんのもとで,位置(いちエネルギーと運動エネルギーとの和は途中(とちゅう道筋(みちすじ関係(かんけいなくつねに一定であるという法則(ほうそく力学的(りきがくてきエネルギー保存則(ほぞんそくともいう。外力が力学系(りきがくけいに仕事をして,その全部が力学的(りきがくてきエネルギーに変換(へんかんされる場合,外力のなす仕事は運動エネルギーと位置(いちエネルギーの和の増加(ぞうかに等しく,途中(とちゅう道筋(みちすじには関係(かんけいしない。これを広い意味での力学的(りきがくてきエネルギー保存(ほぞん法則(ほうそくという。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP