メニュー閉じる

*レンズ

ガラスや水晶(すいしょうなどの透明(とうめいな物体の両側(りょうがわの面を球面または球面と平面にみがいたもので,光の屈折(くっせつおよび反射(はんしゃ利用(りようして光を集めたり,広げたりさせ,光を伝送(でんそうしたり,物体の(ぞうをつくったりする作用をもつもの。両球面の中心をむすぶ直線を光軸(こうじくといい,光軸(こうじくの部分の(あつさが(ふちの部分より(あついものを(とつレンズ,中央が(ふちの部分よりうすいものを(おうレンズという。(とつレンズは両面の形により両(とつレンズ・平(とつレンズ・正メニスカスレンズに分けられ,光束(こうそくを集める作用をもつ。(おうレンズは両(おうレンズ・平(おうレンズ・負メニスカスレンズに分けられ,光を広げる作用をもつ。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP