メニュー閉じる

れんぶんせつ【連文節】

2つ以上(いじょう文節(ぶんせつがつらなって,ひとつながりの意味をなすもの。文の成分(せいぶんの1つになる。

用例

「美しい花が 一面にさく」の文では,「美しい花が」の2文節(ぶんせつが,主語の(はたらきをする連文節(れんぶんせつ。「一面にさく」の2文節(ぶんせつは,述語(じゅつご(はたらきをする連文節(れんぶんせつ。ほかに「東の空に」「(とうきょう(きょうと」(2文節(ぶんせつ),「白く流れる雲が」(3文節(ぶんせつ)などは,いずれも連文節(れんぶんせつでひとつながりの意味をつくる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP