ろうじんふくしほう【老人福祉法】

高齢(こうれい者(原則(げんそくとして65歳以上(さいいじょうの者)の健康(けんこう維持(いじと生活の安定のための具体的(ぐたいてきな手助けをし,老人(ろうじん福祉(ふくしの向上をはかることを目的(もくてきとした法律(ほうりつ。1963(昭和38)年制定(せいてい老人福祉(ろうじんふくしのための業務(ぎょうむを行う社会福祉(ふくし主事や,社会福祉事務所(ふくしじむしょ老人(ろうじんホームなどの老人福祉施設(ろうじんふくししせつ看護(かんご必要(ひつよう老人(ろうじん収容(しゅうようすることなど,について定めている。1990(平成(へいせい2)年,21世紀(せいきのきびしい高齢(こうれい社会にそなえた保健福祉(ほけんふくしサービスを進めるために,改正(かいせいがなされた。同時に改正(かいせいされた「老人保健法(ろうじんほけんほう」とによって,地方公共団体(こうきょうだんたい老人保健福祉(ろうじんほけんふくし計画を立てることが義務(ぎむづけられた。

PAGETOP