ろうどうけいやくほう【労働契約法】

企業(きぎょうとそこで(はたら従業員(じゅうぎょういん労働者(ろうどうしゃのあいだで労働条件(ろうどうじょうけんを決める場合の基本(きほんルールを定めた法律(ほうりつ。2007(平成(へいせい19)年12月成立(せいりつ,2008(平成(へいせい20)年3月から施行(しこう採用(さいよう解雇(かいこ労働(ろうどう時間,出向や配置転換(はいちてんかんなどの企業(きぎょう労働者(ろうどうしゃとの具体的(ぐたいてき労働契約(ろうどうけいやくについて,合理性(ごうりせい正当性(せいとうせい(もとづいて行われるべきことが定められている。非正規(ひせいき社員の増加(ぞうかや,待遇(たいぐう給与(きゅうよ年功序列(ねんこうじょれつ式に上昇してはいかなくなった就労形態(しゅうろうけいたい変化(へんかなどを背景(はいけいにつくられた法律(ほうりつ。これまで賃金(ちんぎん労働(ろうどう時間などの最低基準(さいていきじゅん労働基準法(ろうどうきじゅんほうが定めていたが,それ以外(いがい労働条件(ろうどうじょうけんについてはじめて統一(とういつルールができたことになる。正規(せいき社員以外の契約(けいやく社員についても不当解雇(ふとうかいこ禁止(きんしなどの条件(じょうけんがもりこまれている。

PAGETOP