メニュー閉じる

ろくじっしんほう【60進法】

数の表記法(ひょうきほう一種(いっしゅ。60ずつまとめて上の(くらいに上げていく表し方。歴史(れきしは古く,バビロニアで60進法(しんほうが使われ,さらに,エジプト・ギリシャにつたわった。今日では,時間や角度の単位(たんいに用いられている。たとえば,1時間 = 60分, 1分 = 60秒, 4直角 = 360度, 1度 = 60分, 1分 = 60秒 などに使われている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP