メニュー閉じる

ろくめいかん【鹿鳴館】

東京日比谷(とうきょうひびやにイギリス人コンドルの設計(せっけいで,1883(明治(めいじ16)年につくられた建物(たてもの外務卿(がいむきょう(今の外務大臣(がいむだいじん井上馨(いのうえかおるが列国と条約改正(じょうやくかいせい交渉(こうしょうするため,西洋の風習をとりいれ,社交機関(きかんとして計画したもの。はなやかな舞踏(ぶとう会・園遊会などが連日(れんじつのように行われ,欧化主義(おうかしゅぎ風潮(ふうちょうをまねいたが,この時代を鹿鳴館(ろくめいかん時代という(1884〜1887年ごろ)。井上(いのうえ辞職(じしょく後,1890年に鹿鳴館(ろくめいかん華族(かぞく会館としてはらい下げられた。1945(昭和20)年に焼失(しょうしつ

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP