メニュー閉じる

ロケット

固体(こたいまたは液体(えきたい燃料(ねんりょう(やして大量(たいりょうの高速ガスを発生させ,それを一方の口から噴出(ふんしゅつさせて反作用で前進する飛行(ひこう体。航空機(こうくうきのジェット=エンジンと原理は(ているが,ロケットは酸素(さんそを発生するもの(酸化剤(さんかざい)を燃料(ねんりょうとともに運ぶので,空気のない所でも作動することがちがう。◇宇宙(うちゅうロケットには,燃料(ねんりょう酸化剤(さんかざい調節(ちょうせつが自由にできる液体(えきたいロケットが多くつかわれる。

多段(ただんロケットの意義(いぎ

打ち上げられるロケットは,数千トンもの重量(じゅうりょうがあるが,そのほとんどは,燃料(ねんりょうである。このぼう大な燃料(ねんりょう(やし,燃焼(ねんしょうガスをいきおいよく噴射(ふんしゃすることで,ロケットは打ち上げられる。噴射(ふんしゃされる燃焼(ねんしょうガスの小さな分子1つ1つの作用に対する反作用で動くのである。ロケットが,1(だんで毎秒8kmの速度を(るには,全体の質量(しつりょうの96%を燃料(ねんりょうとしなければならないが,たとえば2(だんにして,それぞれのロケットで毎秒4kmの速度を(るようにすれば,2(だん目の重量(じゅうりょうを全体の10分の1とすると,燃料(ねんりょうは全質量(しつりょうの88%ですむ。このため,宇宙(うちゅうロケットの打ち上げには多段(ただんロケットを使用する。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP