メニュー閉じる

ろぼうのいし【路傍の石】

山本有三(やまもとゆうぞう長編小説(ちょうへんしょうせつ。1937〜40(昭和12〜15)年発表。まずしい家に生まれた少年愛川吾一(あいかわごいちが,進学の希望(きぼうもかなえられず,奉公(ほうこうに出たり,印刷(いんさつ工見習いとなったりして,さまざまな苦労(くろうにたえながら力強く生きていくすがたをえがく。◇第二次世界大戦(たいせん中の思想弾圧(だんあつにより,未完(みかんに終わった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP