メニュー閉じる

ローマきょうわせい【ローマ共和政】

古代ローマ前半期の時代(紀元(きげん前6世紀(せいき〜前27)。前8世紀(せいきにラテン人の建設(けんせつした都市国家ローマが起源(きげんで,王政(おうせいとしてスタートしたが,紀元(きげん前6世紀(せいき共和政(きょうわせいとなった。はじめ貴族(きぞく実権(じっけんをにぎり官職(かんしょく独占(どくせんしていたが,イタリア半島の統一(とういつが進むと平民(へいみんが力をまし貴族(きぞくと平等になった。しかし,ポエニ戦争(せんそうで地中海を(せいすると独裁政(どくさいせい傾向(けいこうがあらわれた。前60年に始まった三頭政治(さんとうせいじは,帝政(ていせいへの過渡(かと期を(しめすものであった。

コーチ

カエサルの終身独裁官(どくさいかんをへて,前27年にアウグスツスの帝政(ていせい実現(じつげんし,共和政(きょうわせいは名実ともに終わった。→ローマ帝国(ていこく

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP