メニュー閉じる

ローマほう【ローマ法】

古代ローマ人ののこした法律(ほうりつ。中世のヨーロッパに受けつがれ,現代法(げんだいほうにも影響(えいきょうをおよぼしている。紀元(きげん前5世紀(せいきの十二表(ほうに始まった無数(むすう法令(ほうれいは,ビザンツ帝国(ていこく皇帝(こうていユスチニアヌス1世によりまとめられ,『ローマ法大全(ほうたいぜん』として533年ころに完成(かんせい

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP