メニュー閉じる

ロマンしゅぎ【ロマン主義】

(1)18世紀末(せいきまつから19世紀(せいきにかけて,古典主義(こてんしゅぎ・合理主義(しゅぎに対する反動としてヨーロッパ各地(かくちにおこった文学および芸術(げいじゅつ上の運動。ロマン(。ロマン主義(しゅぎはそれまでの古典主義(こてんしゅぎや合理主義(しゅぎ対抗(たいこうしておこったもので,人間の個性(こせい自我(じが解放(かいほうを重んじ,(ゆめ想像(そうぞう・理想の世界をもとめて自由に表現(ひょうげんすることを主張(しゅちょうした。文学ではバイロン・ユゴー,美術(びじゅつではドラクロア・ゴヤ,音楽ではシューベルト・ショパンなどが代表。

(2)わが国では,浪漫主義(ろうまんしゅぎ訳語(やくごがあてられ,明治(めいじ20年代(1887〜1896)に文芸雑誌(ぶんげいざっし『文学界』の運動としておこり,のち『明星(みょうじょう』『スバル』などを中心とする文学運動に発展(はってんした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP