メニュー閉じる

ロマンはおんがく【ロマン派音楽】

19世紀(せいきの社会思潮(しちょうであるロマン主義精神(しゅぎせいしんのもとに,古典派(こてんは音楽への反動としておこった音楽。ベートーベンの晩年(ばんねんの作品にもその傾向(けいこうがみられるが,直接(ちょくせつにはウェーバーの歌劇(かげき魔弾(まだん射手(しゃしゅ』(1821年)がロマン(オペラの最初(さいしょの作品となって始まった。時代的(じだいてきには近代にいたるまでの大きな音楽(の流れとなっており,古典派(こてんは音楽の形式美に対して,内容(ないよう美を重んじ,(ゆめやあこがれなど主観的(しゅかんてき感情(かんじょうを自由に表現(ひょうげんした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP